毒素

Posted by らじばんだり - 5月 28th, 2017

食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒力がきつい黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒素の低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つになっています。 Read More »

元通り

Posted by らじばんだり - 5月 24th, 2017

肝臓をいつまでも健やかに保ち続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する力が衰えないようにすること、言い換えると、肝臓の老化を食い止める対策に地道に取り組むことが効果的だと思われます。
もう既に歯の表面を保護している骨を浸食するほど進んでしまった歯周病は、万が一炎症自体が沈静化することがあっても、失ったエナメル質が元通りに復活するようなことはまずありません。
耳鳴りには種類があり、当事者にしか聞こえないという部類の「自覚的耳鳴り」と、血流のように本人以外の人にも高品質なマイクロホンなどを使うと響いてくるという「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。 Read More »

ワクチン接種

Posted by らじばんだり - 5月 17th, 2017

呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の結果、ワクチンの効果を期待できるのは、ワクチン接種した2週後位からおよそ150日程だろうと考えられているようです。 Read More »

ブロッコリー

Posted by らじばんだり - 5月 6th, 2017

開放骨折してひどく出血した状態だと、急に低血圧となって眩冒や冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失発作などの不快な脳貧血症状が引き起こされることがあります。 Read More »

かび

Posted by らじばんだり - 4月 27th, 2017

HIV、つまりエイズウイルスを持つ精液、血液、唾液、母乳、腟分泌液などの様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜などに触れれば、HIVに感染する危険性が大きくなるのです。
ストレスがかかり、溜まるというシステムや、簡単な抗ストレス法など、ストレスについて深い知識を保有している人は、まだ少ないようです。 Read More »

腹痛

Posted by らじばんだり - 4月 13th, 2017

消化器科で診てもらう急性腸炎は、大体において腹痛・吐き気・下痢に見舞われる程度ですが細菌感染による腸炎の場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38℃以上の高い発熱が通例です。 Read More »

鼻水

Posted by らじばんだり - 4月 12th, 2017

季節病ともいわれる花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が原因となり、くしゃみ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を発症させる病気だと広く知られています。 Read More »

降下

Posted by らじばんだり - 3月 29th, 2017

ポリフェノール最大の長所は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは違っていて、細胞間の水溶性の部分、脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を遅れさせる効果に優れているのです。 Read More »

早合点

Posted by らじばんだり - 3月 19th, 2017

昨今、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗える免疫、すなわち抵抗力の無い人たちの割合が高くなったことや、早合点のために診断が遅れることが原因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増えているようです。 Read More »

恐ろしい

Posted by らじばんだり - 3月 9th, 2017

取り立て行為は行わないようにさせる事が出来るのですし、既に返してしまったお金だって戻ってくる可能性だってあるのです。これまでのように、恐ろしいヤミ金融被害から逃げ回るなんて必要はなくなります。 Read More »

« Previous Entries