脊髄反射的に一部の事象

Posted by らじばんだり - 7月 29th, 2014

結局のところ、状況に応じて出来る事を勝手に足枷を作って何もしないというのは、ただの現実逃避でしかなく、マスゴミなど自称平和団体の類が打ち 出す平和というのは、

どのような平和かは知らんし、戦争放棄というのもただの足枷でしかなく、武器輸出三原則にしろただの足枷でしかない。
そしてその足枷によって助けられることもあるというのも事実。
日本国憲法9条によって、朝鮮戦争やベトナム戦争などに関わらなくてすんだわけで、そういう意味では9条という存在もダブルスタンダードでしかない。 物事に表も裏もあるわけで、脊髄反射的に一部の事象をみて本質を見失ってはいけないし、感情的に行動するくらいなら動かないほうがいいと思います。
戦争を導くものは良くも悪も感情なわけで、リーガルハイのワンシーンこそが本質と思う。 死刑にしましょう。現場での目撃証言はあやふやだけど死刑にしましょう。
被告人の部屋から押収された毒物が犯行に使われたものかどうか確たる証拠はないけど死刑にしましょう。 現場に別の毒物らしきビンが落ちていたという証言があるけれど気にしないで死刑にしましょう。

Comments are closed.

Blog Home