一番危険

Posted by らじばんだり - 3月 23rd, 2014

とらわれとは、間違いないというものを握ることです。

この間違いないというものを握っている時が、一番危険です。もめごとを起こす時は、必ず「私は正しい」と主張しています。自分が正しいから、自分と違う考えの人は間違っていることになります。
仏教の上から言えば、諸悪の根源は、正しさに執着する心です。だから、仏教は正邪善悪の立場を批判する宗教なのでしょう。

そして、聖道門では生活全体を「行」とするわけです。しかし、どこまでもとらわれる私のために、如来が念仏一つに行を選んで下さったのです。なので、浄土真宗にとっては、聖道門のように生活全体が「行」ではありません。
そうすると、生活はどう生きるのかという疑問が出てきます。これは、以前紹介した梯和上のお言葉にあったように、一つ一つのご縁は、如来さまがお育て下さっておると味わったらいかがでしょうか。

そうすると、生活にも「七仏通誡偈」のお言葉はせまってきます。如来さまがお育て下さっているのですから。
長々と下手な文章になり、申し訳ありません。
とても大事な御話を、本当にありがとうございました。

非常に重要な、大事な御話ですし、とても密度が濃い内容のお話なので、本当に受けとめて理解するには、私にはかなり時間がかかると思うのですが、とてもありがたかったです。
調伏・行が仏教の根本精神であるということ、とても興味深くお聞きしました。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Blog Home