かび

Posted by らじばんだり - 4月 27th, 2017

HIV、つまりエイズウイルスを持つ精液、血液、唾液、母乳、腟分泌液などの様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜などに触れれば、HIVに感染する危険性が大きくなるのです。
ストレスがかかり、溜まるというシステムや、簡単な抗ストレス法など、ストレスについて深い知識を保有している人は、まだ少ないようです。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、正式には股部白癬という病名で、かびの一種である白癬菌が股部、陰嚢、臀部などにうつり、棲みつく病気の事で簡単に言うと水虫です。
既に永久歯の表面のエナメル質を溶かすまでに進んでしまった歯周病は、原則病状自体が安定したとしても、失ったエナメル質が元通りになるようなことはないに等しいと言われています。
男性だけにある前立腺という生殖器はその活動や成長にアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが密接に関係していて、前立腺に発生してしまったがんも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの影響で大きく成長してしまいます。
塩分と脂肪分の摂取過多を控えて自分に合う運動に努め、ストレスの多すぎない毎日を続けることが狭心症の誘因となる動脈硬化を予め防止する知恵です。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森林の杉や檜、蓬などの様々な植物の花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの辛くて不快なアレルギー症状をもたらす病気として日本人に定着しています。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無くなった後に売られ、新薬とまったく同一の成分で経済的な負荷を抑制できる(クスリの金額の廉価な)後発医薬品のことを意味します。
歳を重ねることが原因の耳の聞こえにくさにおいては段々聴力が低くなりますが、普通は還暦過ぎくらいまでは聴力の衰退をしっかりとは認識できないものです。
一見すると「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「排除すべきもの」と考えがちですが、その実、私たち人はこうしたストレスを感じているからこそ、活動していくことが可能になっています。
黴菌やウィルスなど病気を誘引する病原体が呼吸とともに肺に入り込み罹患してしまい、肺全体が炎症反応を見せている事を「肺炎」と言います。
基礎代謝というものは人間が何もせずに横たわっていても燃える熱量のことであり、その5割以上を様々な骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・多量の糖質を必要とする脳で使うと考えられているようです。
クモ膜下出血(SAH)とは90%近くが脳動脈瘤と言われる血管が変形してできる瘤(コブ)が破裂してしまうことが理由となって発症する死亡率の高い病気として認識されるようになりました。
肝臓を健やかな状態に維持し続けるためには、肝臓の有害物質を分解する作用が低くならないようにすること、要するに肝臓を老化させない対策をできるだけ早く実行することが必要でしょう。
「肝機能の衰退」については、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの数値でモニターできますが、ここ数年肝機能が悪くなっている人々が徐々に増加傾向にあるとされています。

Comments are closed.

Blog Home