鼻水

Posted by らじばんだり - 4月 12th, 2017

季節病ともいわれる花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が原因となり、くしゃみ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を発症させる病気だと広く知られています。
AIDSはHIVの感染によって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全へと至り些細な病原体による日和見感染やがんなどを発症する病状全般を称します。
急性中耳炎は、最も症例の多い中耳炎で幼い子供に多く発症します。耐え難い耳の痛みや38度以上の熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏などのありとあらゆる症状が出るのです。
杉花粉症などの病状(水っぱな、鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜よく睡眠を取れないと、それが元凶で慢性的な睡眠不足となり、翌朝起きてからの仕事に思わしくないダメージを及ぼすこともあるのです。
陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的には股部白癬(コブハクセン)という名称で、かびの一種である白癬菌が陰嚢、股部、尻などにうつり、棲みついてしまう病気のことで即ち水虫のことです。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を低下させたり突然変異を招く人体に悪影響を及ぼす物質を身体の内側で解毒し、肝臓の動作をより強める力が分かっています。
天然の化学物質、フィトケミカルの一つであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓が持っている解毒酵素の正常な生産を促しているかもしれないという新たな可能性が明らかになりました。
結核への対策は、長年、1951年に施行された「結核予防法」に拠って行われてきましたが、56年後の2007年から異なる感染症と一括りにして「感染症法」に沿って行われる運びとなりました。
体を撫でることなどで、被介護者が犬のことをすごく愛おしいと感じることによって「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、ストレスを減らしたり心の癒しに結びついています。
気分障害の一種であるうつ病では脳内の神経伝達物質のセロトニンが足りず、不眠、憂うつ感、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の辛い症状が現れ、2週間以上続きます。
ロックのライブの開催されるホールやディスコなどに置かれた非常に大きなスピーカーの真正面で大音量を聞いて耳が聞こえにくくなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うのです。
過飲過食、肥満、運動不足、遺伝、不規則な生活、日常生活のストレス、高齢化など多様な素因が集合すると、インスリン分泌が少なくなったり、機能が落ちたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。
万が一婦人科の検査で実際にエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(POF)だと分かった場合は、その女性ホルモンを補充するような処置で改善できます。
普段から肘をついた横向きの状態のままでテレビを眺めていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を毎日履いたりといった習慣的なことは肉体のバランスを悪くする大きな原因になります。
「体脂肪率」というものは、人体の中の脂肪が占有している比率であって、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という数式で分かります。

Comments are closed.

Blog Home