甘い身

Posted by らじばんだり - 4月 28th, 2014

国立公園となっている瀬戸内海でよく捕れるカニとなれば足の形が特徴となっているワタリガニのことで、足の端っこがひれの形となっていたり、海を泳 いで渡ることができるということでこの名が付けられているのです。

甲羅の全幅が13センチより小さければ漁獲することが厳禁となっています。
繊細で柔らかく甘い身が特徴の本ズワイガニこそ、産地からすぐに配達してくれるかにの通販ショップで購入してください。本ズワイガニを通販してみたら、間違いなくその差が経験できるはずであるのです。

深海で見られるカニ類は激しく泳がないと言われます。能動的に常時泳ぎ回っているワタリガニのボリュームある身がプリプリ感があって乙な味なのはごく自然なことだと教えてもらいました。
ズワイガニとは、水深300mに近い深海で繁殖し、自然あふれる山口県からカナダ近くまで広い範囲にわたって見られるでっかくて食いごたえを感じる口にする事が可能なカニになるのです。

塩ゆでが美味しいワタリガニはカニ下目の内のワタリガニ科に類するカニのひとまとめした名前、日本においては食べる事が出来るガザミや六角形のような形のタイワンガザミを代表とする注目を浴びているガザミ属を指し示す呼び名となっていると聞いています。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Blog Home