鮮度の良い

Posted by らじばんだり - 4月 26th, 2014

日頃カニと言うと身の部分を食することを想像してしまいますが、ワタリガニのケースでは爪や足の身の他に山盛りある肩の身やカニミソをいただきますが、殊に鮮やかなメスの卵巣はたまりません。

綺麗な海が広がる瀬戸内海で鮮度の良いカニといったら様々な種類で有名なワタリガニのことで、足の最尖端がひれの形となっているだけでなく、海を泳ぐ事が 出来るためこの名前が付けられたということです。甲羅の全幅が13センチより大きい物でないと獲ることが認可されていません。

この花咲ガニの他と違う点は、漁場の花咲半島では多く繁殖している海草の昆布に係わりがあります。主食を昆布としている花咲ガニであるからこそ、旨味をたっぷり有しています。
ヤドカリとタラバガニは同類なので、味噌が入っているところは食べても良いものとは言えません。害毒が入っていたり黴菌が生殖してしまっている場合も予想されるため気を付ける事が必須です。

毛ガニの名産地は北海道に限ります。水揚・直送の質の高い毛ガニをネットショップなどの通販で入手してかぶりつくのがこの時期には絶対はずせないという人も大勢いるということがいえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Blog Home