論理的整合性

Posted by らじばんだり - 12月 3rd, 2014

ところで、「国民感情」から端を発する要求事項は必ずしも、「論理的整合性や想定される施策効果の認識、影響範囲とその結果」を網羅的に検討し認識した結果出されるとは限りません。

端的に言えば要求が間違っている可能性もあります。
貴方の意見は「たとえ間違っていても国民感情は正義であり、公務員やみなし公務員側が、間違いだと意見を唱えることは許されない」ということですね?
(しかも、今回の訴訟者は「元」司法修習生ですし、すっぴんメイクの仕方記事内でコメントしてる人は弁護士ですが)私は、国民感情から決まった政治判断でも、それじゃ運用が回らないので変えたほうが良いとなれば変えるべきだと思いますのでそこが貴方とのギャップですね。
あの仕分けで理不尽に切り捨てられたものの救済に司法界が尽力すれば、給費回復にも理解が得られるのではないでしょうか?これは司法のうち「誰」が(弁護士なのか判事なのか)どのような尽力をすればよいという話なのですか?(ありえないとは思いますが、例えばあなたの属する独法が仕訳けられたとして、行政訴訟を起こした際に判決に恣意的な判断をしろとか、そういう話ではないですよね)

Comments are closed.

Blog Home