不都合

Posted by らじばんだり - 10月 14th, 2014

最大要因として挙げられたのが『資本主義』である。
なお、一応言っておくが、私は共産主義者でもないし資本主義で日本が繁栄できたと思っている人間だ。

ただ、その引き換えにした『代価』として人は「誰かを愛する」という人として大切なものをなくしたのではないか? 『等価交換』『ギブアンドテイク』と言う言葉が昨今はやっているが、本来の愛の姿は金や利益で推し量れるものではない。
現在、日本では『愛国』と言う言葉も流行っている。
『戦後レジュームからの脱却』『自虐史観からの脱却』などなど…… 闇金 相談「あんたら、その言葉の意味わかってます?」と疑問を感じることもしばしばだ。 もちろん、『国を憂いて』が彼らの常套文句だが、本当にそうなのだろうか?
例えば、働かなくても豪遊できる金を与え、素敵な(好みの)異性を与え、周囲の人が自分を尊敬し、不都合な過去を消去し、約束され安泰した未来を確約されたとき。 彼らは、それでも『国を憂いて』いけるだろうか?

Comments are closed.

Blog Home